治療前に考えるべきことと選ぶべき歯医者

治療器具

インプラントは歯が無くなっても同じ様な見た目と感触で使うことができる、とても優れた技術ですが、場合によっては困難なことがあります。それはインプラントを埋め込むべき場所の骨が細くなっているときです。歯茎は歯を無くすと時間と共にやせ細っていきます。そのため、インプラントを埋め込む場所そのものが無くなってしまうわけなのですが、もし治療を考えている場合はできるだけ早めに処置をすべきでしょう。骨移植の治療費はもちろんのこと、歯にも負担がかかりますので、もし歯を欠損しても安易に抜かない方が無難です。また、インプラントは治療に時間がかかるものですが、骨移植によってさらに数ヶ月の時間を要します。治療費も別に用意しておかなくてはなりませんし、時間的にも経済的にも先々を考えた計画を立てておかなくてはなりません。骨移植を依頼する歯医者についても厳選する必要があります。骨移植はとても高度な技術を擁しますので、できるだけインプラント専門の歯医者に行かれるのがおすすめです。

失った骨を再生する様々な手順と方法

治療器具

インプラントを埋め込むには土台となる骨や歯茎が必要となりますが、もしその部分が欠損している場合は、骨移植をすることで対応することが可能です。骨は、例えば自分の顎などから採取することになりますが、足りない場合は人工骨を組み合わせて使用する場合もあります。どちらかと言うと自家骨の方が再生率は高く負担も少ないなどメリットは大きいです。自家骨の採取は金づちで叩いて得る方法もありますが、超音波器具によって静かに削り取る方法もあります。歯医者によってやり方は異なりますが、前者はかなり恐怖心を煽る治療法でもありますので、気になる場合は事前にどのような方法で採取するのかを確認しておいた方が良いでしょう。移植された骨は数ヶ月かけて土台を再生していき、インプラントが埋入可能な状態を作り上げていきます。それにともない通院期間や回数、手術回数など全てが増えていきますので、費用もそれに応じて増していくことになります。トータルで30万円前後かかりますが、これらすべてを含めたスケジュールと予算をあらかじめ考えておかなくてはなりません。骨移植は色々と負担を強いる面もありますが、失った歯を取り戻せる数少ない治療法のひとつです。昨今の健康志向によって昔の人に比べて虫歯はかなり減ってきてはいますが、年配の方ほどその差は縮まっていきます。安くて簡単な入れ歯も良いですが、見た目も実用性も優れたインプラントは今後も無くてはならない存在です。

広告募集中