歯科治療

まずはカウンセリングを利用しよう

歯を失った場合の治療としては、インプラント治療の人気が高まっていますが、誰もがこの治療を選べるわけではありません。人工歯根を埋め込むためには顎の骨が十分にあることが大事です。かなり顎の骨が痩せている場合は、埋め込みそのものができない場合もありますし、せっかく治療をしても早期に脱落してしまう可能性があります。それゆえ、治療前はカウンセリングや検査が行われ治療が可能であるかどうかを判断していきます。かつては、骨量が不足していると治療が断られる傾向にありましたが、現在は骨移植の技術が向上していますので、かつては難しかった症例にも対応できるようになりました。骨移植をする場合は、その費用も必要となりますので治療費も確認しておきましょう。治療内容によっても違いがありますが、安い場合は一か所で数万円程度、より高額な治療となる場合は20~25万円程度必要となることもあります。治療を成功させるには高い技術力も必要ですので、骨移植でも高い評価を受けている歯科医院を選びましょう。

入歯の不快感から解放される

インプラントができない場合は、かつては入れ歯で対応することがほとんどでした。入れ歯は治療費も比較的安く短期間で完成させることもできますが、見た目があまり良くないことや、噛む力の弱さや会話の最中にずれるなど様々な問題がありました。入れ歯の不快感に我慢している人も骨移植が成功すればインプラント治療を受けることができます。インプラントを埋め込むことで、入れ歯もよりしっかりと安定させることができますし、審美性が高まることも期待できます。入れ歯の不快感は精神面にも悪い影響が出る可能性もありますが、インプラントができることで精神的な負担からも解放されます。完成までにはやや時間も必要になりますが、骨をしっかりと安定させておくことは埋め込んだインプラントを長持ちさせることにもつながります。しっかりと噛むことができるので食事がより楽しくなることもメリットといえるでしょう。

広告募集中