骨の厚みが必要

診療室

加齢や虫歯の治療などによって歯が根元からなくなってしまった場合には、費用次第で入れ歯以外にインプラントを選択できます。骨に器具を埋めて根元からしっかり支えるため、安定感が非常に高いです。しかしその器具を埋めるためには骨の厚みが一定の基準以上でないといけないので、足りない場合は骨移植をします。

体質的な問題

治療

あごの骨の厚さは成長段階である程度決まってしまうため、インプラントで必要になったからといって、後から身体の力を使って厚くすることはできません。そのため物理的な骨移植を行なうわけですが、基本的に自分の骨を使用するため馴染みやすいです。

目立たない部分の骨を使う

骨移植が必要な場合にはあごの目立たない部分などの骨を持ってくるため、見た目が大きく変わることはまずありません。まずはそれを必要な部分に固定させるために数ヵ月間待ち、安定してからインプラントの器具を埋め込んでいきます。

どこで受けられるのか

インプラント治療を受けられる歯科でも、骨移植に対応していない場合は治療そのものを断られてしまうこともあります。そこで諦めてしまわずに、費用と時間に余裕さえあればインプラントを受けられるということを知っておくのが大切です。専門的な骨移植ができるという点は歯科にとっても大きな強みで、アピールポイントになりやすいため見つけるのはそう難しいことではないでしょう。

広告募集中